成年後見制度手続きの流れ|名古屋市守山区こもだ司法書士事務所

愛知県名古屋市守山区菰田司法書士事務所
成年後見無料相談 制度活用のご支援をさせていただきます。

banner_08.jpg

menu_h.gifmenu_h.gifmenu_se.gifmenu_se.gifmenu_n.gifmenu_n.gifmenu_hitu.gifmenu_hitu.gifmenu_j.gifmenu_j.gif

HOME > 成年後見制度手続きの流れ

所定の書類を揃えた上で、管轄の家庭裁判所に「成年後見人選任の申立」をする必要があります。

申立の必要書類としては、認知症の方本人の生活状況や財産状況のわかる資料、親族関係図とその根拠となる戸籍謄本類、医師の診断書、後見人候補者についての資料など多岐にわたります。また、申立から選任までの期間はおよそ3~6カ月程度かかります。
必要書類の詳細はこちらのページLinkIconをご覧ください。

手続きの流れ

1-家庭裁判所への申し立て

原則として本人の住所地を管轄する家庭裁判所に成年後見の申立てをします。

under_allow.gif

2-家庭裁判所による事実調査(1~2ヶ月)

申立人、本人、成年後見人(保佐人・補助人)候補者が家庭裁判所に呼ばれ事情を聞かれます。

under_allow.gif

3-精神鑑定

家庭裁判所は、後見(保佐)開始の審判をするためには、明らかにその必要がないと認められる場合を除いて、本人の精神状況について医師その他適当な者に鑑定をさせます。なお、補助開始の審判は原則的に診断書で足りますが、判断能力の判定が困難な場合は鑑定が行われる場合もあります。事案にもよりますが、鑑定費用はおよそ5~15万円です。

under_allow.gif

4-審判(2週間)

申立てに対して家庭裁判所からの判断が下されます。申立書に記載した成年後見人(保佐人・補助人)候補者がそのまま選任されることが多いですが、場合によっては家庭裁判所の判断によって弁護士や司法書士などが選任されることもあります。なお、申立てから審判までの期間は、事案にもよりますがおよそ3~6ヶ月です。

under_allow.gif

5-審判の告知と通知

審判結果は本人に告知または通知され、成年後見人などに選任された人にも告知されます。裁判所から審判書謄本をもらいます。

under_allow.gif

6-後見の開始

審判の内容のうち所定の事項が登記されます。

milk_btn_pagetop.png

cap1_on のコピー.gif

side_m5.gif

side_qas.jpg

side_voice.jpg

mail_side.gif

tel_ban.gif

月曜~金曜 9:00-18:00


こもだ司法書士事務所

愛知県司法書士会員番号:第1182号

〒463-0013
名古屋市守山区小幡中3-4-1