成年後見制度必要書類と費用|名古屋市守山区こもだ司法書士事務所

愛知県名古屋市守山区菰田司法書士事務所
成年後見無料相談 制度活用のご支援をさせていただきます。

banner_09.jpg

menu_h.gifmenu_h.gifmenu_se.gifmenu_se.gifmenu_n.gifmenu_n.gifmenu_hitu.gifmenu_hitu.gifmenu_j.gifmenu_j.gif

HOME > 成年後見制度必要書類と費用

申し立てに必要な書類

成年後見制度を利用するには本人の住所地の家庭裁判所に申し立てをする必要があります。
申し立ての必要な書類と費用はおよそ以下のとおりですが、事案によって多少異なる場合があります。

■診断書等

主治医に記入してもらって下さい。

※名古屋市愛護手帳(判定1度・2度)、愛知県療育手帳(判定A)の交付を受けておられる本人の場合、手帳コピーの提出があれば、診断書等の提出は不要です。

(添付書類)

■申立人の戸籍謄本

※申立てをする人の立場によっては(例:甥・姪・いとこ等)申立人と本人との親族関係がわかる戸籍謄本(除籍謄本・改製原戸籍謄本)を提出してもらう場合があります。外国籍の方は「外国人登録記載事項証明書」を提出してください。

■本人の戸籍謄本・住民票(世帯)又は戸籍の附表・登記されていないことの証明書

「登記されていないことの証明書」は、最寄の法務局の本局でお取り寄せ下さい。「登記されていないことの証明書」に記載された証明事項については、上から3番目である「成年被後見人・被保佐人・被補助人・任意後見契約の本人とする記録がない」にチェックしてください。

■候補者の住民票(世帯)又は戸籍の附表(住民票は本籍の記載があるもの)及び身分証明書(破産者等ではないことを証明する書類です。)

■本人の財産及び収支についての資料

(1)不動産についての資料
•土地建物登記簿謄本
•固定資産税評価証明書

(2)預貯金、投資信託、株式等についての資料
•通帳
•残高証明書
•預かり証
•株式の残高報告書

(3)生命保険、損害保険等についての資料
•生命保険証書

(4)負債についての資料
•金銭消費貸借契約書
•返済明細書

(5)収入についての資料
•確定申告書
•給与明細書
•年金額決定通知書

(6)支出についての資料
•各種税金の納税通知書
•国民健康保険料・介護保険料の決定通知書
•家賃・医療費・施設費の領収書

申し立てに必要な費用

収入印紙

後 見 開 始
後見開始の申立て
800円
保 佐 開 始
保佐開始の申立て

保佐開始の申立て + 同意権追加付与の申立て

保佐開始の申立て + 代理権付与の申立て

保佐開始の申立て + 同意権追加付与の申立て + 代理権付与の申立て
800円

1,600円

1,600円

2,400円
補 助 開 始
補助開始の申立て + 同意権追加付与の申立て

補助開始の申立て + 代理権付与の申立て

補助開始の申立て + 同意権追加付与の申立て + 代理権付与の申立て
1,600円

1,600円

2,400円

切手

350円X3枚・80円X15枚・10円X15枚・1040円X(1~2)組(後見の開始の場合は1組保佐又は補助の場合は2組)

審理中の通信費用となります(不足の場合、追加をお願いすることがあります。)

登記費用

成年後見制度では、その結果を登記する必要があります。そのための費用として登記印紙4,000円分が必要となります。

鑑定費用

成年後見制度を利用する場合は、明らかにその必要がないと認められる場合を除いて、本人の精神の状況について医師その他適当な者に鑑定をしてもらう必要があります。鑑定費用の額は事案にもよりますがおよそ5〜15万 円程度です。

報酬-当事務所にご依頼される場合の費用

法定後見人選任申立手続

150,000円

任意後見契約締結のサポート業務

100,000円~

milk_btn_pagetop.png

cap1_on のコピー.gif

side_m5.gif

side_qas.jpg

side_voice.jpg

mail_side.gif

tel_ban.gif

月曜~金曜 9:00-18:00


こもだ司法書士事務所

愛知県司法書士会員番号:第1182号

〒463-0013
名古屋市守山区小幡中3-4-1